すすきの風俗裏情報日記

ススキノの風俗店で長年アルバイトをした中で経験した非日常的な日常を面白おかしく綴っています。

山P先輩

皆さんこんにちは。

 

今日は風俗時代の印象深い先輩のお話をしていきたいと思います。

色々な個性的な先輩や上司が多い風俗の業界。

「無料登録アフィリ」で発生する「継続収入」に興味ありませんか?日本初オンラインカジノアフィリエイトASP サムライクリック

 

しかし今回ご紹介する先輩は今でもたまーに思い出すような

普通にいそうだけども個性的。そんな先輩です。

 

その先輩の名前は山P先輩。

 

見た目はジャ〇ーズ事務所に所属する山Pとはまぁ近くは無いっすね。

ジ〇ニーズの方はたまに僕の携帯にメールくれますけど(笑)

 

先輩は結構体の大きいタイプでいわゆるデブってやつです(笑)

直接的な表現で申し訳ありませんが先輩の口癖や思い出話をする上で大前提となるので

あえてデブと表現しました(汗)

 

先輩の見た目はデブ。そして眼鏡でそこそこのオタク。

しかし眼光は鋭く、風俗においても大先輩のアルバイトでした。

一時期はほかのところで社員なんかもしていたみたいですけどね。

 

とまぁそんな先輩でありながら、普通に生活していてもいるようなタイプの人でした。

 

常に汗をかき、カレーは飲み物。口にする飲料はコカ・コーラ

コーラはゼロは絶対に認めない。

 

そう彼の口癖は『カロリーが足りない』

 

ほんとコーラ飲むたびに思い出します。

 

味付けが薄かったりしても使える便利な言葉ですよね。

カロリーが足りない。

非常に便利な言葉だと思います。

 

コーラ以外にも先輩を思い出すものがあります。

 

それは「うまい棒

 

うまい棒を見るたび先輩の思い出話がよみがえってきます。

 

ゲームや漫画が好きなデブの先輩は、もちろんそれらのお供であるお菓子も好きです。

そんな中先輩はデブ仲間三人ほどでうまい棒のメーカーやおきんの工場見学に行った事があるらしいのです。

 

北海道からはるばるやおきんの工場見学をしに行くデブ三人。

これだけでもかなりシュールな話ですが、うまい棒の工場見学はとても面白かったそうです。

そんな大人な工場見学だけを目的とした三人は帰り際、

お土産としてうまい棒をいただいたそうです。

 

一人30本。

 

そう、ドン・キホーテなどにあるあのでかいパックをそれぞれ一つずつ渡されたと。

 

三人で90本。

あの大きな袋を持った三人のデブが電車で帰る光景も中々のものですが、

先輩曰く。

 

帰るまでに全部なくなった。

 

そんな果てしなくシュールな思い出話を今でもうまい棒を見るたびに思い出すのです。

確か先輩は納豆味が一番好きじゃなかったっけ。

 

元気に過ごしているのであろうか。

 

そんな思いで話。

 

このブログをもし発見しても怒らないでいただきたい。

すみませんでした。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

 

「無料登録アフィリ」で発生する「継続収入」に興味ありませんか?日本初オンラインカジノアフィリエイトASP サムライクリック